鹿児島県で買える薄毛治療の新常識

最近髪のボリュームが減ってきたのでAGAの治療をするには
どのようにしたらいいのかと思い調べました。

通常はAGAの治療の場合は病院で内服薬を処方してもらうのが
一般的なようです。

病院で薄毛治療の薬を処方してもらう費用はいくらかかるでしょうか?

AGAの治療の費用には保険がききません。
ですので全額自己負担になります。

具体的にかかる費用は(あるAGA治療院)
初診費・再診費 5,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
プロペシア錠(MSD社製) 30錠(1ヶ月分) 6,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 18,500円(税別)
または
フィナステリド錠(ファイザー社製) 30錠(1ヶ月分) 6,000円(税別)
90錠(3ヶ月分) 17,000円(税別)
または
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製) 30錠(1ヶ月分) 9,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 27,500円(税別)

となってます。
大体初月で11000円から14500円かかるようです。
2ヶ月目から6000円から9500円かかります。

毎月結構かかりますね。
自分的にはもっと安くできる方法がないかな、と思います。
あと正直なところ薄毛の件で病院に行くのって結構
ハードル高くないですか?

私は薄毛で病院に行くのは無理です。

ですので上記の薄毛治療の内服薬をなんとか病院に行かずに
入手できないか調べてみました。

どうやら個人輸入という方法なら入手可能なことがわかりました。

個人輸入でプロペシア錠の場合で更に同成分のジェネリック医薬品なら
毎月の費用が3分の1まで下がることがわかりました。

飲み始めたら効果が出るまで長期間にわたり服用しないといけないので
毎月の費用が安いほうがいいですよね。

でも個人輸入でしかもジェネリック医薬品って大丈夫なんでしょうか?
って心配になったんですけど、結構みんな買ってるみたいで
200件以上レビューがあってしかも効果が結構あったって
書いてあるんですよ。
こちらからレビュー見れますから確認してみてください。

でも結局医薬品だと効果が高いんでしょうが、
副作用が怖くないですか?

薄毛治療の内服薬の副作用は?

プロペシア錠の副作用は性欲の減退と勃起機能の低下が
主なものになります。
この副作用は嫌ですね。
人間の三大欲求の一つの性欲に係る内容なので。

副作用のない薄毛改善方法を調べてみました。
そしたらいくつかの育毛剤が効果があるとの口コミなど
利用者のブログからわかりました。

自分でも買って試したところ1ヶ月から2ヶ月くらいで
少し髪の抜ける量が減ってきて髪のボリューム感がましたと
実感できました。

下記で副作用のない育毛剤をまとめたので副作用が怖い方は確認
してみてください。

副作用のない育毛剤1位

イクオス

イクオス

世界初のアルガス−2の配合
アルガス−2はミノキシジルと同等の育毛効果のあるとされてます。
なのにミノキシジルのように副作用がありません。
なので安心して使えますね。

詳しくはこちら
無添加育毛剤イクオス

副作用のない育毛剤2位

副作用訴求

チャップアップ

チャップアップはM-34という海藻エキスの育毛成分がすごいです。
M-34もミノキシジルと同等の効果が実証されています。
しかもチャップアップも副作用はありません。
なので安心ですね。

詳しくはこちら
副作用訴求

副作用のない育毛剤3位



ブブカ(BUBKA)

ブブカ(BUBKA)はチャップアップと同様にM−034が配合されて
います。
ですのでミノキシジルのような副作用なく使えるので安心です。

詳しくはこちら



買える薄毛治療の新常識|ミノキシジルは…。,

頭皮ケアに特化したシャンプーは、ダメージの多い頭皮を改善することが目的になりますので、頭皮全体をガードする役割を担う皮脂を取り去ることなく、優しく洗えます。
ミノキシジルについては発毛効果が明白になっていますので、「発毛剤」と言うことができるのですが、育毛剤という言い方の方が耳にすることが多いので、「育毛剤」と称されることが大半だそうです。
服用仕様の育毛剤については、個人輸入で手に入れることだって可能ではあります。けれども、「一体全体個人輸入がどのようになされるのか?」については全くわからないという人も多いのではないでしょうか?
頭皮ケアにおきまして注意しなければならないことは、「頭皮の毛穴に詰まった皮脂であったり汚れを徹底的に取り除き、頭皮全体を清潔に保つこと」だと思われます。
AGAというのは、加齢に起因するものではなく、若いとか若くないは関係なく男性に見られる特有の病気だと指摘されています。普段「若ハゲ」などとおちょくられるものもAGAに含まれるわけです。

日に抜ける髪の毛は、数本~200本程度だということが言われているので、抜け毛が毎日あることに恐怖を覚える必要はないと思われますが、短い期間内に抜け落ちた数が一気に増加したという場合は要注意サインです。
ミノキシジルはエキスであるため、育毛剤に加えられる他、飲み薬の成分としても利用されていると聞いていますが、我が国では安全性が確認できていないという理由で、経口薬の成分としての利用は認可されていない状況です。
汚れのない健康的な頭皮を保ち続けるために頭皮ケアを実施することは、非常に大事なことだと思います。頭皮の状態が上向くからこそ、コシとハリのある頭髪を維持することができるようになるのです。
AGAに陥った人が、薬を使って治療に取り組むと決定した場合に、一番多く利用されているのが「フィナステリド」と言われている医薬品なのです。
抜け毛が増えてきたと自覚するのは、間違いなくシャンプーをしている時です。これまでと比較して、確かに抜け毛が目立つようになったと思う場合は、できるだけ早く対策を打ちたいものです。

シャンプーの仕方を変更するだけで、抜け毛を減らすことは不可能ですが、シャンプーを適正に行なうように意識しないと抜け毛がさらに多くなったり、やっと芽生えた髪の発育を抑えつけてしまうこともあるのです。
正規のメーカーが製造したプロペシアを、通販を通して手にしたいというなら、信頼のある海外医薬品ばかりを取り扱う通販サイトで買った方が賢明です。海外医薬品を主に扱っている実績のある通販サイトがいくつか存在します。
ミノキシジルは、高血圧対策用の治療薬として用いられていた成分だったわけですが、後日発毛に有効であるということが実証され、薄毛対策に有用な成分として多種多様に利用されるようになったわけです。
ハゲは日頃の生活だったりストレスの他、食事などが元凶だと結論付けられており、日本人に関しては、額の生え際が次第に薄くなっていく「A字ハゲ」、あるいはつむじ辺りが薄くなる「O字ハゲ」がほとんどだとのことです。
AGAの解消法としては、ミノキシジルと呼ばれている育毛成分が入った育毛剤の使用や、フィナステリドという名の育毛剤の使用が多いようです。