鹿児島県で薄毛治療薬を買うのにジェネリックでも大丈夫!!

最近髪のボリュームが減ってきたのでAGAの治療をするには
どのようにしたらいいのかと思い調べました。

通常はAGAの治療の場合は病院で内服薬を処方してもらうのが
一般的なようです。

病院で薄毛治療の薬を処方してもらう費用はいくらかかるでしょうか?

AGAの治療の費用には保険がききません。
ですので全額自己負担になります。

具体的にかかる費用は(あるAGA治療院)
初診費・再診費 5,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
プロペシア錠(MSD社製) 30錠(1ヶ月分) 6,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 18,500円(税別)
または
フィナステリド錠(ファイザー社製) 30錠(1ヶ月分) 6,000円(税別)
90錠(3ヶ月分) 17,000円(税別)
または
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製) 30錠(1ヶ月分) 9,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 27,500円(税別)

となってます。
大体初月で11000円から14500円かかるようです。
2ヶ月目から6000円から9500円かかります。

毎月結構かかりますね。
自分的にはもっと安くできる方法がないかな、と思います。
あと正直なところ薄毛の件で病院に行くのって結構
ハードル高くないですか?

私は薄毛で病院に行くのは無理です。

ですので上記の薄毛治療の内服薬をなんとか病院に行かずに
入手できないか調べてみました。

どうやら個人輸入という方法なら入手可能なことがわかりました。

個人輸入でプロペシア錠の場合で更に同成分のジェネリック医薬品なら
毎月の費用が3分の1まで下がることがわかりました。

飲み始めたら効果が出るまで長期間にわたり服用しないといけないので
毎月の費用が安いほうがいいですよね。

でも個人輸入でしかもジェネリック医薬品って大丈夫なんでしょうか?
って心配になったんですけど、結構みんな買ってるみたいで
200件以上レビューがあってしかも効果が結構あったって
書いてあるんですよ。
こちらからレビュー見れますから確認してみてください。

副作用のない育毛剤1位

イクオス

イクオス

世界初のアルガス−2の配合
アルガス−2はミノキシジルと同等の育毛効果のあるとされてます。
なのにミノキシジルのように副作用がありません。
なので安心して使えますね。

詳しくはこちら
無添加育毛剤イクオス

副作用のない育毛剤2位

副作用訴求

チャップアップ

チャップアップはM-34という海藻エキスの育毛成分がすごいです。
M-34もミノキシジルと同等の効果が実証されています。
しかもチャップアップも副作用はありません。
なので安心ですね。

詳しくはこちら
副作用訴求

副作用のない育毛剤3位



ブブカ(BUBKA)

ブブカ(BUBKA)はチャップアップと同様にM−034が配合されて
います。
ですのでミノキシジルのような副作用なく使えるので安心です。

詳しくはこちら



薄毛治療薬を買うのにジェネリックでも大丈夫!!|正真正銘のプロペシアを…。,

育毛シャンプーを使う際は、事前に丁寧に髪をとかしておくと、頭皮の血行が改善され、その結果皮脂とかフケなどが浮かび上がり、落としやすくなるというわけです。
プロペシアとフィンペシアの違いはと言いますと、「先発医薬品(プロペシア)なのかジェネリック医薬品なのか」という部分です。両方ともにフィナステリドを入れている薬でありますから、効果のほどは大差ありません。
一口に「ノコギリヤシが入っている育毛サプリ」と言っても、色々な種類がラインナップされています。ノコギリヤシだけが配合されたものも目にしますが、推奨したいのはビタミン又は亜鉛なども配合されたものです。
現在では個人輸入を代わりに行なってくれる業者もあり、医者などに処方してもらう薬と何ら変わらない成分が混入された外国で製造された薬が、個人輸入をすることで入手できます。
正真正銘のプロペシアを、通販経由で手にしたいというなら、リピーターの多い海外医薬品ばかりを取り扱う通販サイトで買い求めるべきでしょう。海外医薬品だけを取り扱っている高評価の通販サイトを一覧にてご覧いただけます。

飲むタイプの育毛剤の方がいいのなら、個人輸入でオーダーすることも不可能ではありません。だけど、「根本的に個人輸入がどのように実施されるのか?」については全然知らないという人も多々あるでしょう。
フィンペシアと言いますのは、インド一の都市であるムンバイに本社を置いているシプラ社が製造している「プロペシア」と同じ有効成分である「フィナステリド」を含有しているAGA治療の為の医薬品になります。
頭の毛の量をもっと増加させたいとの理由だけで、育毛サプリを短時間の内に取説などに記載されている以上服用することは避けるべきです。そうすることで体調が優れなくなったり、毛髪にとっても逆効果になることも考えられるのです。
プロペシアというのは、今市場でセールスされている全てのAGA治療薬の中で、他の何よりも効果が期待できる育毛剤として浸透しつつありますが、このプロペシアに混ぜられている有効成分がフィナステリドだと聞いています。
ミノキシジルというものは、高血圧抑制用の治療薬として周知されていた成分だったわけですが、後になって発毛効果があるということが実証され、薄毛解消に秀でた成分として流用されるようになったわけです。

ノコギリヤシと言いますのは、炎症の主因となる物質と言われるLTB4の機能を抑止するというような抗炎症作用も有しており、恒常的な毛根の炎症を鎮静化して、脱毛をストップさせる役割を果たしてくれるとのことです。
ここ最近頭皮の健康状態を快復させ、薄毛であるとか抜け毛などを抑制、あるいは改善することができるという理由で流行っているのが、「頭皮ケア」だと聞いています。
発毛剤と育毛剤の基本的な違いというのは、ミノキシジルが入っているかどうかです。実際に発毛を目論むなら、このミノキシジルという成分は欠かすことができないのです。
ハゲに苦しんでいるのは、30代とか40代以降の男性限定の話ではなく、30歳前の男性の中にも抜け毛で頭を悩ませている人がいるのです。あなたも耳にしたことがある「若ハゲ」と呼ばれる若年性の脱毛症に見舞われた人たちです。
育毛サプリに取り入れられる成分として人気の高いノコギリヤシの効果・効用を掘り下げてご案内させていただいております。これ以外には、ノコギリヤシをふんだんに含有している育毛剤もご紹介中です。