長崎県で買える薄毛治療の新常識

最近髪のボリュームが減ってきたのでAGAの治療をするには
どのようにしたらいいのかと思い調べました。

通常はAGAの治療の場合は病院で内服薬を処方してもらうのが
一般的なようです。

病院で薄毛治療の薬を処方してもらう費用はいくらかかるでしょうか?

AGAの治療の費用には保険がききません。
ですので全額自己負担になります。

具体的にかかる費用は(あるAGA治療院)
初診費・再診費 5,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
プロペシア錠(MSD社製) 30錠(1ヶ月分) 6,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 18,500円(税別)
または
フィナステリド錠(ファイザー社製) 30錠(1ヶ月分) 6,000円(税別)
90錠(3ヶ月分) 17,000円(税別)
または
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製) 30錠(1ヶ月分) 9,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 27,500円(税別)

となってます。
大体初月で11000円から14500円かかるようです。
2ヶ月目から6000円から9500円かかります。

毎月結構かかりますね。
自分的にはもっと安くできる方法がないかな、と思います。
あと正直なところ薄毛の件で病院に行くのって結構
ハードル高くないですか?

私は薄毛で病院に行くのは無理です。

ですので上記の薄毛治療の内服薬をなんとか病院に行かずに
入手できないか調べてみました。

どうやら個人輸入という方法なら入手可能なことがわかりました。

個人輸入でプロペシア錠の場合で更に同成分のジェネリック医薬品なら
毎月の費用が3分の1まで下がることがわかりました。

飲み始めたら効果が出るまで長期間にわたり服用しないといけないので
毎月の費用が安いほうがいいですよね。

でも個人輸入でしかもジェネリック医薬品って大丈夫なんでしょうか?
って心配になったんですけど、結構みんな買ってるみたいで
200件以上レビューがあってしかも効果が結構あったって
書いてあるんですよ。
こちらからレビュー見れますから確認してみてください。

でも結局医薬品だと効果が高いんでしょうが、
副作用が怖くないですか?

薄毛治療の内服薬の副作用は?

プロペシア錠の副作用は性欲の減退と勃起機能の低下が
主なものになります。
この副作用は嫌ですね。
人間の三大欲求の一つの性欲に係る内容なので。

副作用のない薄毛改善方法を調べてみました。
そしたらいくつかの育毛剤が効果があるとの口コミなど
利用者のブログからわかりました。

自分でも買って試したところ1ヶ月から2ヶ月くらいで
少し髪の抜ける量が減ってきて髪のボリューム感がましたと
実感できました。

下記で副作用のない育毛剤をまとめたので副作用が怖い方は確認
してみてください。

副作用のない育毛剤1位

イクオス

イクオス

世界初のアルガス−2の配合
アルガス−2はミノキシジルと同等の育毛効果のあるとされてます。
なのにミノキシジルのように副作用がありません。
なので安心して使えますね。

詳しくはこちら
無添加育毛剤イクオス

副作用のない育毛剤2位

副作用訴求

チャップアップ

チャップアップはM-34という海藻エキスの育毛成分がすごいです。
M-34もミノキシジルと同等の効果が実証されています。
しかもチャップアップも副作用はありません。
なので安心ですね。

詳しくはこちら
副作用訴求

副作用のない育毛剤3位



ブブカ(BUBKA)

ブブカ(BUBKA)はチャップアップと同様にM−034が配合されて
います。
ですのでミノキシジルのような副作用なく使えるので安心です。

詳しくはこちら



買える薄毛治療の新常識|頭のてっぺん辺りのハゲは…。,

フィンペシアには、発毛を邪魔立てする成分だと確定されているDHTの生成を縮減し、AGAに起因する抜け毛をストップする効果があると認められています。とりわけ、生え際&頭のてっぺんの薄毛に効果を見せてくれます。
頭のてっぺん辺りのハゲは、額の生え際が後退するM字ハゲとは全然違い、隠そうにも隠せませんしどうしようもありません。ハゲの進度が異常に早いのも特色の1つです。
「育毛サプリの有効な飲み方」につきましては、耳にしたことがないと話す方も少なくないとのことです。ご覧のホームページでは、育毛に繋がる育毛サプリの飲用方法についてご覧いただくことができます。
「できれば誰にも気付かれることなく薄毛を治したい」でしょう。そのような方々におすすめしたいのが、フィンペシアあるいはミノキシジルを通販ショップで注文する方法なのです。
現在悩んでいるハゲを何とか治癒したいとお考えなら、真っ先にハゲの原因を見極めることが大切だと言えます。そうしなければ、対策をすることは不可能だと言えます。

ハゲに関しましては、いろんな場所でいくつもの噂が蔓延っているみたいです。私自身もそうした噂に影響を受けた1人ではあります。ところが、ここにきて「何をした方が良いのか?」が明らかになってきたのです。
目下髪の毛のことで途方に暮れている人は、日本全国で1200万人前後いると言われており、その数字は以前と比べても増しているというのが実態だそうです。そうしたこともあり、頭皮ケアが常識になりつつあります。
フィンペシアは個人輸入をするしかないので、その道のプロなどに指導を頂くことはできかねますが、プロペシアの方はそれら専門家の処方に従って手に入れることになるので、不安な点について回答をもらうことも不可能ではないわけです。
「ミノキシジルというのはどんな素材で、どんな効果が期待されるのか?」、この他通販により注文できる「リアップとかロゲインは買う価値はあるのか?」などについて詳述しております。
AGAの改善を目指してフィナステリドを経口摂取するという場合、1日毎の規定量は1mgだと聞きました。1mgを越さなければ、生殖機能が不具合を起こすというような副作用は起きないことが実証されています。

ノコギリヤシに関しましては、炎症の主因となる物質と言われるLTB4の働きを阻害するといった抗炎症作用も保有しており、慢性化している毛根の炎症を鎮めて、脱毛を予防するのに役立つということで重宝されています。
専門医院で発毛治療を受ければ、ハゲは快方に向かうと明言することができます。科学的な実証のある治療による発毛効果は明らかにされており、多種多様な治療方法が提供されています。
プロペシアとフィンペシアの差異は何かと申しますと、「先発医薬品(プロペシア)かジェネリック医薬品か」という部分だけです。どっちもフィナステリドを取り入れている薬ということですから、効果に大差はないと考えられます。
AGAと申しますのは、加齢が原因というものではなく、色んな世代の男性が陥る固有の病気だとされます。巷で「若ハゲ」などと不快なことを言われるものもAGAに入ります。
ミノキシジルと言いますのは発毛効果が明確になっていますから、「発毛剤」と言った方が良いのですが、育毛剤というフレーズの方が使われる頻度が高いため、「育毛剤」の一種として扱われることが大半だと聞かされました。