熊本県でaga治療で 生え際も行ける?

最近髪のボリュームが減ってきたのでAGAの治療をするには
どのようにしたらいいのかと思い調べました。

通常はAGAの治療の場合は病院で内服薬を処方してもらうのが
一般的なようです。

病院で薄毛治療の薬を処方してもらう費用はいくらかかるでしょうか?

AGAの治療の費用には保険がききません。
ですので全額自己負担になります。

具体的にかかる費用は(あるAGA治療院)
初診費・再診費 5,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
プロペシア錠(MSD社製) 30錠(1ヶ月分) 6,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 18,500円(税別)
または
フィナステリド錠(ファイザー社製) 30錠(1ヶ月分) 6,000円(税別)
90錠(3ヶ月分) 17,000円(税別)
または
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製) 30錠(1ヶ月分) 9,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 27,500円(税別)

となってます。
大体初月で11000円から14500円かかるようです。
2ヶ月目から6000円から9500円かかります。

毎月結構かかりますね。
自分的にはもっと安くできる方法がないかな、と思います。
あと正直なところ薄毛の件で病院に行くのって結構
ハードル高くないですか?

私は薄毛で病院に行くのは無理です。

ですので上記の薄毛治療の内服薬をなんとか病院に行かずに
入手できないか調べてみました。

どうやら個人輸入という方法なら入手可能なことがわかりました。

個人輸入でプロペシア錠の場合で更に同成分のジェネリック医薬品なら
毎月の費用が3分の1まで下がることがわかりました。

飲み始めたら効果が出るまで長期間にわたり服用しないといけないので
毎月の費用が安いほうがいいですよね。

でも個人輸入でしかもジェネリック医薬品って大丈夫なんでしょうか?
って心配になったんですけど、結構みんな買ってるみたいで
200件以上レビューがあってしかも効果が結構あったって
書いてあるんですよ。
こちらからレビュー見れますから確認してみてください。

副作用のない育毛剤1位

イクオス

イクオス

世界初のアルガス−2の配合
アルガス−2はミノキシジルと同等の育毛効果のあるとされてます。
なのにミノキシジルのように副作用がありません。
なので安心して使えますね。

詳しくはこちら
無添加育毛剤イクオス

副作用のない育毛剤2位

副作用訴求

チャップアップ

チャップアップはM-34という海藻エキスの育毛成分がすごいです。
M-34もミノキシジルと同等の効果が実証されています。
しかもチャップアップも副作用はありません。
なので安心ですね。

詳しくはこちら
副作用訴求

副作用のない育毛剤3位



ブブカ(BUBKA)

ブブカ(BUBKA)はチャップアップと同様にM−034が配合されて
います。
ですのでミノキシジルのような副作用なく使えるので安心です。

詳しくはこちら



aga治療で 生え際も行ける?|抜け毛を抑えるために必要不可欠だと言えるのが…。,

髪の毛が生える為に必要不可欠な栄養素は、血液により届けられることになります。つまるところ、「育毛の為に必要なことは血行促進」という事なので、育毛サプリを眺めてみても血行を円滑にするものが相当あります。
プロペシアが登場したことで、AGA治療は劇的な変化を遂げました。以前までは外用剤として使用されていたミノキシジルが主流だったわけですが、その巨大マーケットの中に「内服剤」という仕様で、“世界で初めて”のAGA治療薬が加えられたのです。
抜け毛が増えてきたと気が付くのは、一番にシャンプーで頭をゴシゴシしている時です。それまでと比べ、確かに抜け毛が増えたと実感される場合は、それ以上進まないように対策を打つべきです。
通販をうまく活用してフィンペシアを入手すれば、ハゲ治療の為に必要なお金を従来の12~13%程度に減らすことができるわけです。フィンペシアが人気を集めている一番の要因がそこにあると言えます。
抜け毛を抑えるために必要不可欠だと言えるのが、あなたも行なっているであろうシャンプーなのです。朝と晩と2回も行なうことは不要ですが、夜か朝のいずれかに一度シャンプーすることをルーティンにしてください。

シャンプーの仕方を変更するだけで、抜け毛を改善することは不可能だと思われますが、シャンプーをちゃんと実施するようにしないと抜け毛が増したり、ようやく芽生えた髪の発育を抑制してしまうと思われます。
専門クリニックが実施する発毛治療を受ければ、ハゲは治せると言明できます。裏付けのある治療による発毛効果は抜群で、多岐に亘る治療方法が施されているようです。
発毛剤と育毛剤の違いは何かと言えば、ミノキシジルが入っているかいないかです。はっきり申し上げて発毛を目指すと言うなら、このミノキシジルという成分は必要不可欠なのです。
AGAの改善を目指してフィナステリドを経口摂取するという場合、1日あたりのおすすめの量というのは1mgと決められています。この量さえ遵守していれば、男性機能が本来の働きをしなくなるといった副作用は発生しないことが明確になっています。
大事になってくるのは、「プロペシアには実際に発毛効果があるのか?」ということだと思われますが、我が国の臨床試験においては、1年間継続して摂取した人の約7割に発毛効果があったとのことです。

育毛剤と申しますのは、毛を育てる(育毛)働きをしてくれますので、ノコギリヤシと並行して利用するようにしたら、脱毛を招くことになる根源的要因を完全消滅させ、そして育毛するという最善の薄毛対策ができるというわけです。
「内服仕様の医薬品として、AGAの治療に効果が期待できる」ということで人気を博すプロペシアというのは製品の名前であって、現実にはプロペシアに含有されているフィナステリドという物質の働きなのです。
フィナステリドと呼ばれているものは、AGA治療薬として著名なプロペシアに内包されている成分のことで、薄毛の主因とされている男性ホルモンの作用をセーブしてくれます。
プロペシアとフィンペシアの相違点は何かと言いますと、「先発医薬品(プロペシア)かジェネリック医薬品か」という点だけです。両者いずれもフィナステリドを有効成分としている薬ですので、効果についてはほぼ一緒です。
モノホンのプロペシアを、通販を活用して求めたいというなら、信頼されている海外医薬品ばかりを取り扱う通販サイトで買うことをおすすめします。海外医薬品だけを扱う誰もが知る通販サイトを確認することが出来ます。