愛媛県で薄毛治療薬を買うのにジェネリックでも大丈夫!!

最近髪のボリュームが減ってきたのでAGAの治療をするには
どのようにしたらいいのかと思い調べました。

通常はAGAの治療の場合は病院で内服薬を処方してもらうのが
一般的なようです。

病院で薄毛治療の薬を処方してもらう費用はいくらかかるでしょうか?

AGAの治療の費用には保険がききません。
ですので全額自己負担になります。

具体的にかかる費用は(あるAGA治療院)
初診費・再診費 5,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
プロペシア錠(MSD社製) 30錠(1ヶ月分) 6,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 18,500円(税別)
または
フィナステリド錠(ファイザー社製) 30錠(1ヶ月分) 6,000円(税別)
90錠(3ヶ月分) 17,000円(税別)
または
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製) 30錠(1ヶ月分) 9,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 27,500円(税別)

となってます。
大体初月で11000円から14500円かかるようです。
2ヶ月目から6000円から9500円かかります。

毎月結構かかりますね。
自分的にはもっと安くできる方法がないかな、と思います。
あと正直なところ薄毛の件で病院に行くのって結構
ハードル高くないですか?

私は薄毛で病院に行くのは無理です。

ですので上記の薄毛治療の内服薬をなんとか病院に行かずに
入手できないか調べてみました。

どうやら個人輸入という方法なら入手可能なことがわかりました。

個人輸入でプロペシア錠の場合で更に同成分のジェネリック医薬品なら
毎月の費用が3分の1まで下がることがわかりました。

飲み始めたら効果が出るまで長期間にわたり服用しないといけないので
毎月の費用が安いほうがいいですよね。

でも個人輸入でしかもジェネリック医薬品って大丈夫なんでしょうか?
って心配になったんですけど、結構みんな買ってるみたいで
200件以上レビューがあってしかも効果が結構あったって
書いてあるんですよ。
こちらからレビュー見れますから確認してみてください。

副作用のない育毛剤1位

イクオス

イクオス

世界初のアルガス−2の配合
アルガス−2はミノキシジルと同等の育毛効果のあるとされてます。
なのにミノキシジルのように副作用がありません。
なので安心して使えますね。

詳しくはこちら
無添加育毛剤イクオス

副作用のない育毛剤2位

副作用訴求

チャップアップ

チャップアップはM-34という海藻エキスの育毛成分がすごいです。
M-34もミノキシジルと同等の効果が実証されています。
しかもチャップアップも副作用はありません。
なので安心ですね。

詳しくはこちら
副作用訴求

副作用のない育毛剤3位



ブブカ(BUBKA)

ブブカ(BUBKA)はチャップアップと同様にM−034が配合されて
います。
ですのでミノキシジルのような副作用なく使えるので安心です。

詳しくはこちら



薄毛治療薬を買うのにジェネリックでも大丈夫!!|薄毛を始めとする髪の毛のトラブルに関しては…。,

抜け毛の本数を低減するために大切になってくるのが、デイリーのシャンプーなのです。朝夕二度も行なう必要はありませが、朝か夜のいずれかに1回シャンプーすることが大切です。
「育毛サプリはどのように飲んだ方が良いのか?」に関しましては、分からないと言う方も多いとのことです。当ウェブサイトでは、育毛に有効な育毛サプリの服用法につきまして紹介しております。
毛髪を増加させたいとの理由だけで、育毛サプリを一気に規定以上摂ることは絶対に避けてください。それが影響して体調に支障を来たしたり、髪にとっても逆効果になることも少なくないのです。
多くの業者が育毛剤を提供しているので、どの育毛剤を選んだらいいのか躊躇う人も多くいると聞きましたが、その答えを出す前に、抜け毛または薄毛の元凶について押さえておくことが必要です。
重要になってくるのは、「プロペシアの発毛効果はどの程度期待できるのか?」ということだと思いますが、我が国の臨床実験におきましては、1年間継続して摂取した人の70%前後に発毛効果が確認されたとのことです。

専門医院で処方箋を書いてもらっていたわけですが、ものすごく高額でしたので、それはストップして、今はインターネット通販を利用して、ミノキシジルのサプリを買っています。
個人輸入を利用すれば、医師などに処方してもらうのと比べても、安い価格にて治療薬をゲットすることが可能です。金銭的な懸念を取り除く為に、個人輸入という手を使う人が増大してきたと言われています。
髪の毛と申しますのは、就寝中に作られることが実証されており、ライフスタイルが滅茶苦茶で睡眠不足の日々が続けば、髪の毛が作られる時間も削り取られることになり、髪の毛は更に薄くなり、ハゲもどんどん大きくなると断言します。
フィンペシアというのは、AGA治療に効果を発揮する飲むタイプの育毛薬で、プロペシアと同一の効果を期待することが可能なジェネリック薬品のひとつだと言えます。ジェネリックというわけなので、プロペシアと比べ低価格で販売されているのです。
薄毛を始めとする髪の毛のトラブルに関しては、どうすることもできない状態に陥る前に、今直ぐにでも頭皮ケア対策を始めることが大事だと言えます。本サイトでは、頭皮ケアに関しましての多種多様な情報をご覧いただくことができます。

今人気の育毛シャンプーに関しては、頭皮の状態を良化し、毛が生えたり成長したりということが容易になるように導く役割を果たしてくれるわけです。
ミノキシジルは素材になりますから、育毛剤に加えられる以外に、飲み薬の成分としても利用されているという事実がありますが、私達の国日本におきましては安全性が確認できていないという理由で、経口薬の成分としての利用は承認されていないとのことです。
育毛とか発毛を実現する為には、育毛剤に役立つ成分が内包されているのは勿論の事、栄養を頭皮に確実に届ける為に、高水準の浸透力が大事になると言えます。
残念ながら値の張る商品を購入したとしても、重要なのは髪にフィットするのかどうかということだと考えます。あなた自身の髪に適する育毛シャンプーの選択法に興味のある方は、こちらをご覧になってみてください。
24時間の間に抜ける毛髪は、200本前後と指摘されていますので、抜け毛の存在に不安を覚える必要はないと考えますが、短期に抜け毛の数が急に増加したという場合は要注意サインです。