大分県で薄毛治療薬を買うのにジェネリックでも大丈夫!!

最近髪のボリュームが減ってきたのでAGAの治療をするには
どのようにしたらいいのかと思い調べました。

通常はAGAの治療の場合は病院で内服薬を処方してもらうのが
一般的なようです。

病院で薄毛治療の薬を処方してもらう費用はいくらかかるでしょうか?

AGAの治療の費用には保険がききません。
ですので全額自己負担になります。

具体的にかかる費用は(あるAGA治療院)
初診費・再診費 5,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
プロペシア錠(MSD社製) 30錠(1ヶ月分) 6,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 18,500円(税別)
または
フィナステリド錠(ファイザー社製) 30錠(1ヶ月分) 6,000円(税別)
90錠(3ヶ月分) 17,000円(税別)
または
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製) 30錠(1ヶ月分) 9,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 27,500円(税別)

となってます。
大体初月で11000円から14500円かかるようです。
2ヶ月目から6000円から9500円かかります。

毎月結構かかりますね。
自分的にはもっと安くできる方法がないかな、と思います。
あと正直なところ薄毛の件で病院に行くのって結構
ハードル高くないですか?

私は薄毛で病院に行くのは無理です。

ですので上記の薄毛治療の内服薬をなんとか病院に行かずに
入手できないか調べてみました。

どうやら個人輸入という方法なら入手可能なことがわかりました。

個人輸入でプロペシア錠の場合で更に同成分のジェネリック医薬品なら
毎月の費用が3分の1まで下がることがわかりました。

飲み始めたら効果が出るまで長期間にわたり服用しないといけないので
毎月の費用が安いほうがいいですよね。

でも個人輸入でしかもジェネリック医薬品って大丈夫なんでしょうか?
って心配になったんですけど、結構みんな買ってるみたいで
200件以上レビューがあってしかも効果が結構あったって
書いてあるんですよ。
こちらからレビュー見れますから確認してみてください。

副作用のない育毛剤1位

イクオス

イクオス

世界初のアルガス−2の配合
アルガス−2はミノキシジルと同等の育毛効果のあるとされてます。
なのにミノキシジルのように副作用がありません。
なので安心して使えますね。

詳しくはこちら
無添加育毛剤イクオス

副作用のない育毛剤2位

副作用訴求

チャップアップ

チャップアップはM-34という海藻エキスの育毛成分がすごいです。
M-34もミノキシジルと同等の効果が実証されています。
しかもチャップアップも副作用はありません。
なので安心ですね。

詳しくはこちら
副作用訴求

副作用のない育毛剤3位



ブブカ(BUBKA)

ブブカ(BUBKA)はチャップアップと同様にM−034が配合されて
います。
ですのでミノキシジルのような副作用なく使えるので安心です。

詳しくはこちら



薄毛治療薬を買うのにジェネリックでも大丈夫!!|頭の毛の量をもっと増加させたいという願いだけで…。,

抜け毛対策のために、通販を有効活用してフィンペシアを買って服用しております。育毛剤も同時期に利用すると、特に効果が出やすいと教えられたので、育毛剤も入手したいと思っています。
頭皮ケアの為に開発販売されたシャンプーは、ダメージを受けている頭皮を正常化することが目的でありますから、頭皮の表層を防御する皮脂を洗い流すことなく、ソフトに洗えます。
AGAに陥った人が、医療薬を有効活用して治療と向き合うと決めた場合に、中心となって用いられるのが「フィナステリド」と称されている医薬品です。
ハゲを何とかしようと思ってはいても、どうしてもアクションに繋がらないという人が多いようです。だけど何一つ対策を取らなければ、当たり前ですがハゲは進んでしまうと考えられます。
フィナステリドというのは、AGA治療薬として名の知れているプロペシアに配合されている成分のことで、薄毛の誘因とみなされている男性ホルモンの働きを弱いものにしてくれます。

大切になってくるのは、「プロペシアには実際に発毛効果があるのか?」ということだと思いますが、日本国内の臨床実験では、一年間摂り込んだ方の70%程度に発毛効果が認められたとのことです。
服用タイプの育毛剤については、個人輸入で手に入れることもできることはできます。だけど、「そもそも個人輸入がどういったものであるのか?」についてはまるで知らないという人もいると思います。
頭の毛の量をもっと増加させたいという願いだけで、育毛サプリを一時に定められた量以上服用することは推奨できません。それが原因で体調が異常を来したり、頭髪にとっても逆効果になることもあり得るのです。
ハゲで頭を抱えているのは、30代後半過ぎの男性に限っての話だと思っているかもしれませんが、相当若い男性の中にも薄毛で思い悩んでいる人がいます。要するに「若ハゲ」と称される若年性の脱毛症に罹ってしまった人達です。
クリニックでクスリをもらっていましたが、予想以上に高かったので、それは打ち切って、近頃はインターネット通販をしているショップから、ミノキシジル配合のタブレットを入手するようにしています。

髪の毛と申しますのは、睡眠時間中に作られることが立証されており、遊びばかりに気を取られ睡眠不足状態が何日も続くようだと、髪の毛が作られる時間も減少し、髪の毛はますます薄くなっていき、ハゲもビックリする速さで大きくなるはずです。
頭の毛が伸びる為に不可欠な栄養素は、血流に乗り運搬されてきます。わかりやすく言うと、「育毛にとっては血行促進が命」という事なので、育毛サプリを調べてみても血行をスムーズにするものが多種多様に存在しています。
ミノキシジルというものは、高血圧のための治療薬として扱われていた成分だったのですが、しばらくして発毛に役立つということが解明され、薄毛対策に最適な成分としていろんな商品に転用されるようになったのです。
AGAの改善を目指してフィナステリドを摂るという場合、一日毎の適正とされる量は1mgだと聞きました。1mgをオーバーするようなことがなければ、生殖機能が正常に機能しなくなるといった副作用は発生しないことが明確になっています。
ミノキシジルを利用すると、当初の3~4週間あたりで、目立って抜け毛の数が増加することがありますが、これにつきましては毛母細胞が活性化される時に毛が抜ける物理現象であって、常識的な反応だと言って間違いありません。