佐賀県で買える薄毛治療の新常識

最近髪のボリュームが減ってきたのでAGAの治療をするには
どのようにしたらいいのかと思い調べました。

通常はAGAの治療の場合は病院で内服薬を処方してもらうのが
一般的なようです。

病院で薄毛治療の薬を処方してもらう費用はいくらかかるでしょうか?

AGAの治療の費用には保険がききません。
ですので全額自己負担になります。

具体的にかかる費用は(あるAGA治療院)
初診費・再診費 5,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
プロペシア錠(MSD社製) 30錠(1ヶ月分) 6,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 18,500円(税別)
または
フィナステリド錠(ファイザー社製) 30錠(1ヶ月分) 6,000円(税別)
90錠(3ヶ月分) 17,000円(税別)
または
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製) 30錠(1ヶ月分) 9,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 27,500円(税別)

となってます。
大体初月で11000円から14500円かかるようです。
2ヶ月目から6000円から9500円かかります。

毎月結構かかりますね。
自分的にはもっと安くできる方法がないかな、と思います。
あと正直なところ薄毛の件で病院に行くのって結構
ハードル高くないですか?

私は薄毛で病院に行くのは無理です。

ですので上記の薄毛治療の内服薬をなんとか病院に行かずに
入手できないか調べてみました。

どうやら個人輸入という方法なら入手可能なことがわかりました。

個人輸入でプロペシア錠の場合で更に同成分のジェネリック医薬品なら
毎月の費用が3分の1まで下がることがわかりました。

飲み始めたら効果が出るまで長期間にわたり服用しないといけないので
毎月の費用が安いほうがいいですよね。

でも個人輸入でしかもジェネリック医薬品って大丈夫なんでしょうか?
って心配になったんですけど、結構みんな買ってるみたいで
200件以上レビューがあってしかも効果が結構あったって
書いてあるんですよ。
こちらからレビュー見れますから確認してみてください。

でも結局医薬品だと効果が高いんでしょうが、
副作用が怖くないですか?

薄毛治療の内服薬の副作用は?

プロペシア錠の副作用は性欲の減退と勃起機能の低下が
主なものになります。
この副作用は嫌ですね。
人間の三大欲求の一つの性欲に係る内容なので。

副作用のない薄毛改善方法を調べてみました。
そしたらいくつかの育毛剤が効果があるとの口コミなど
利用者のブログからわかりました。

自分でも買って試したところ1ヶ月から2ヶ月くらいで
少し髪の抜ける量が減ってきて髪のボリューム感がましたと
実感できました。

下記で副作用のない育毛剤をまとめたので副作用が怖い方は確認
してみてください。

副作用のない育毛剤1位

イクオス

イクオス

世界初のアルガス−2の配合
アルガス−2はミノキシジルと同等の育毛効果のあるとされてます。
なのにミノキシジルのように副作用がありません。
なので安心して使えますね。

詳しくはこちら
無添加育毛剤イクオス

副作用のない育毛剤2位

副作用訴求

チャップアップ

チャップアップはM-34という海藻エキスの育毛成分がすごいです。
M-34もミノキシジルと同等の効果が実証されています。
しかもチャップアップも副作用はありません。
なので安心ですね。

詳しくはこちら
副作用訴求

副作用のない育毛剤3位



ブブカ(BUBKA)

ブブカ(BUBKA)はチャップアップと同様にM−034が配合されて
います。
ですのでミノキシジルのような副作用なく使えるので安心です。

詳しくはこちら



買える薄毛治療の新常識|抜け毛の本数を少なくするためにポイントとなるのが…。,

いくら高価格の商品を購入したとしても、重要なのは髪に最適なのかどうかということだと考えます。自分の髪にしっくりくる育毛シャンプーの選び方のポイントをマスターしたいという方は、コチラをご確認いただければと思います。
現在悩んでいるハゲを無くしたいと思うのなら、第一にハゲの原因を理解することが必要だと断言できます。それがないと、対策を打つことは不可能です。
ご自身に丁度合うシャンプーを選ぶことが、頭皮ケアの始めの一歩になります。あなたに合ったシャンプーを買って、トラブル無しの健康的な頭皮を目指すようにしてください。
「副作用の心配があるから、フィンペシアは使わない!」と考えている方も多々あります。そうした方には、ナチュラル成分のため副作用の不安が無用のノコギリヤシを推奨したいと思います。
ハゲを治したいと考えてはいても、どうしても行動に繋がらないという人が稀ではないように思います。だけど何一つ対策を取らなければ、そのしっぺ返しでハゲの部位は大きくなってしまうと思われます。

育毛剤とかシャンプーを活用して、念入りに頭皮ケアをやったとしても、体に悪い生活習慣を改善しなければ、効果を手にすることはできないと考えてください。
フィンペシアは個人輸入で買うしかないので、先生などからアドバイスを受けることは不可能ですが、プロペシアの方はそうした専門家の処方に従って受け取ることになるので、色んな相談もできると言えます。
驚くなかれ頭の毛のことで苦慮している人は、日本国内に1200万人~1300万人程度いるとされ、その数自体は何年も増え続けているというのが実情だと言えます。そのようなこともあって、頭皮ケアの重要性が言われるようになってきたようです。
抜け毛の本数を少なくするためにポイントとなるのが、普段のシャンプーなのです。一日に二度も三度も行なうことは要されませんが、一度はシャンプーすることが大切です。
頭のてっぺん辺りのハゲは、額の生え際が広がっていくM字ハゲよりも由々しき問題で、誤魔化すこともできませんし恰好がつかないのです。ハゲの広がり方が異常に早いのも特性だと思います。

フィナステリドと呼ばれているものは、AGA治療薬として人気のあるプロペシアに混入されている成分のことで、薄毛を齎すとされる男性ホルモンの作用を阻害してくれます。
ハゲはストレスや生活環境の他、3度の食事などが元凶だと断定されており、日本人に関しましては、額の生え際の毛が抜けていく「A字ハゲ」、又はツムジ辺りが薄くなる「O字ハゲ」が多いらしいです。
様々なメーカーが育毛剤を提供しているので、どの育毛剤を選ぶべきなのか迷ってしまう人も見かけますが、それより前に抜け毛であったり薄毛の主因について掴んでおくべきではないでしょうか?
ここ最近の育毛剤の個人輸入につきましては、ネットを通して個人輸入代行業者に委任するというのが、一般的なスタイルになっているとされています。
フィンペシアは言うまでもなく、お薬などを通販を介して手に入れる場合は「返品サービスは一切なし」ということ、また摂取に関しても「何から何まで自己責任として取扱われてしまう」ということを念頭に置いておくことが大切だと思います。