佐賀県で薄毛治療薬を買うのにジェネリックでも大丈夫!!

最近髪のボリュームが減ってきたのでAGAの治療をするには
どのようにしたらいいのかと思い調べました。

通常はAGAの治療の場合は病院で内服薬を処方してもらうのが
一般的なようです。

病院で薄毛治療の薬を処方してもらう費用はいくらかかるでしょうか?

AGAの治療の費用には保険がききません。
ですので全額自己負担になります。

具体的にかかる費用は(あるAGA治療院)
初診費・再診費 5,000円(税別)
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
プロペシア錠(MSD社製) 30錠(1ヶ月分) 6,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 18,500円(税別)
または
フィナステリド錠(ファイザー社製) 30錠(1ヶ月分) 6,000円(税別)
90錠(3ヶ月分) 17,000円(税別)
または
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製) 30錠(1ヶ月分) 9,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 27,500円(税別)

となってます。
大体初月で11000円から14500円かかるようです。
2ヶ月目から6000円から9500円かかります。

毎月結構かかりますね。
自分的にはもっと安くできる方法がないかな、と思います。
あと正直なところ薄毛の件で病院に行くのって結構
ハードル高くないですか?

私は薄毛で病院に行くのは無理です。

ですので上記の薄毛治療の内服薬をなんとか病院に行かずに
入手できないか調べてみました。

どうやら個人輸入という方法なら入手可能なことがわかりました。

個人輸入でプロペシア錠の場合で更に同成分のジェネリック医薬品なら
毎月の費用が3分の1まで下がることがわかりました。

飲み始めたら効果が出るまで長期間にわたり服用しないといけないので
毎月の費用が安いほうがいいですよね。

でも個人輸入でしかもジェネリック医薬品って大丈夫なんでしょうか?
って心配になったんですけど、結構みんな買ってるみたいで
200件以上レビューがあってしかも効果が結構あったって
書いてあるんですよ。
こちらからレビュー見れますから確認してみてください。

副作用のない育毛剤1位

イクオス

イクオス

世界初のアルガス−2の配合
アルガス−2はミノキシジルと同等の育毛効果のあるとされてます。
なのにミノキシジルのように副作用がありません。
なので安心して使えますね。

詳しくはこちら
無添加育毛剤イクオス

副作用のない育毛剤2位

副作用訴求

チャップアップ

チャップアップはM-34という海藻エキスの育毛成分がすごいです。
M-34もミノキシジルと同等の効果が実証されています。
しかもチャップアップも副作用はありません。
なので安心ですね。

詳しくはこちら
副作用訴求

副作用のない育毛剤3位



ブブカ(BUBKA)

ブブカ(BUBKA)はチャップアップと同様にM−034が配合されて
います。
ですのでミノキシジルのような副作用なく使えるので安心です。

詳しくはこちら



薄毛治療薬を買うのにジェネリックでも大丈夫!!|ドクターに医薬品を出してもらっていましたが…。,

育毛や発毛を実現する為には、育毛剤に実効性のある成分が含有されているだけじゃなく、栄養を頭皮に余すところなく届ける為に、高水準の浸透力が不可欠だと言えます。
多くの業者が育毛剤を売っていますから、どの育毛剤を選んだらいいのか困惑する人もいるようですが、それ以前に抜け毛あるいは薄毛の元凶について把握しておくべきだと思います。
AGAと申しますのは、二十歳前の男性に割と見受けられる症状で、つむじ周辺から抜け落ちていくタイプ、額の生え際から薄くなるタイプ、この両者の混合タイプなど、多種多様なタイプがあると聞いております。
抜け毛を抑えるために大事になってくるのが、常日頃のシャンプーなのです。一日の内に二回も行なう必要はないですが、少なくとも一回はシャンプーした方が良いでしょう。
ドクターに医薬品を出してもらっていましたが、予想以上に高かったので、それは終わりにして、ここへ来てインターネット通販をうまく利用して、ミノキシジルが配合されているサプリを調達しています。

単に「ノコギリヤシが含有された育毛サプリ」と言っても、幾つもの種類があるのです。ノコギリヤシだけが配合されたものも存在しますが、一押しは亜鉛ないしはビタミンなども入っているものです。
フィンペシアには、発毛を妨害する成分と指摘されているDHTの生成をコントロールし、AGAに起因する抜け毛を止める効果があるのです。とりわけ、生え際&頭のてっぺんの薄毛に実効性があります。
AGAの症状が進行するのを食い止めるのに、ダントツに効果を発揮する成分がフィナステリドで、これがメインの成分として含有されていて、かつ我が国において唯一認可されているAGA治療薬が「プロペシア」だというわけです。
個人輸入を専門業者にお願いすれば、医者などに処方してもらうのと比べても、驚くほど低価格で治療薬を手にすることが可能なわけです。金銭的な懸念を取り除く為に、個人輸入を専門業者に頼む人が非常に多くなったと聞いています。
頭皮ケアに特化したシャンプーは、ダメージを被っている頭皮を正常にすることが目的になるので、頭皮の表層を守る役割を果たす皮脂を排除することなく、優しく汚れを落とすことができます。

プロペシアが提供されるようになったことで、AGA治療は劇的とも言える変貌を遂げたわけです。長い間外用剤として使用されていたミノキシジルが中心的な存在でしたが、その業界の中に「内服剤」タイプとしての、“世界初”のAGA薬剤が彗星の如く現れたというわけです。
プロペシアとフィンペシアの違いはと言いますと、「先発医薬品(プロペシア)かジェネリック医薬品か」という部分だけです。どちらにしてもフィナステリドを入れている薬でありますから、効果が大きく変わることはありません。
シャンプーをきちんとするだけで、抜け毛を低減することは無理だと言えますが、シャンプーを的確に実施しなければ抜け毛が余計に目立つようになったり、ようやく顔を出してきた髪の発育を阻害してしまうでしょう。
フィンペシアと言いますのは、AGA治療に効果を見せる口から入れるタイプの育毛薬で、プロペシアとまったく同様の効果を望むことができるジェネリック薬の一種だと言えます。ジェネリックというわけなので、プロペシアと比べても安い値段で購入可能です。
AGAからの脱出法ということになると、ミノキシジルという名称の育毛成分が含まれている育毛剤の使用や、フィナステリドと呼ばれている育毛剤の使用が常識的だと教えて貰いました。